好きなことや楽しいこと、興味のあることをゆる~く情報発信するブログ

mocoのお気に入り

モール 趣味

モールのくま(モールベア)の作り方・その③(顔のパーツ)

更新日:

(この記事はモールのくま(モールベア)の作り方・その①(頭部)

モールのくま(モールベア)の作り方・その②(胴部)の続きです)

 

モールのくま(モールベア)の顔のパーツの作り方

前回までモールのくまの形は

出来上がっているのであとは少しです

mo-ru049

というか今日の説明は今までに比べるととても簡単です

 

こちらの用意するもののなかから

黒ビーズ3つとTピン3本と手芸用ボンドを使います

 

それから作業に使う道具としてつまようじがあると便利

 

ビーズの大きさはお好みでいいのですが

くまの顔とのバランスを見て選んでくださいね

 

①Tピンの頭の付け根につまようじで手芸用ボンドを塗ります

mo-ru050

塗りすぎるとビーズの穴からはみ出てしまうので薄く塗ってください

 

②ビーズをTピンに通します

mo-ru051

ボンドを塗った頭の付け根まで通してください

 

③全体の5mmくらいのところでカットします

mo-ru052

 

④ボンドが乾いたらまずはくまの顔に仮付けをして位置を決めます

morubear03

ピンが通りにくいときはその位置につまようじを少し刺して

ピンが通れるスペースをつくると通しやすくなります

 

⑤パーツをつける位置が決まったら

 外す→つまようじでピンに薄くボンドをつける→乾く前に元に戻す

一度に全部外してしまうと仮付けした位置と変わってしまうことがあるので

ひとつずつ作業していってください

 

口を付けたいときは・・・

今回はつけなかったのですがもし口をつけたい場合は

普通の縫い糸でできます

 

ですが、そのまま使うのではなく

まずは水性ボンド(木工用ボンド)を縫い糸に塗って

固めて使います

mo-ru053

【へ】の口は↑の写真のように

縫い糸を直線状に固めてから

3~5mmの長さに2本切って作ります

 

【ω】のような口は水性ボンドが固まる前に

つまようじなどでしたい形にしてから固めます

 

つまようじで薄めに手芸用ボンドを塗り

ピンセットなどで付けてください

 

今回は口を付けないくまを作りましたが

初めて挑戦したときは口を付けました

mo-ru005

縫い糸をそのままつけようとしたら全然安定しなくて…

結局くまの顔中にボンドを付けてしまいました。。。

 

モールの繊維が長すぎるときはカット♪

それから手芸用モールってモコモコしています

 

胴部はそのままでも問題ないのですが

頭部は耳や目鼻が埋もれてしまったり

微妙な表情になってしまったりすることもあるので

必要に応じてモールの繊維をカットしてくださいね

 

こんな感じでモールのくまの作り方、完結です

 

いろいろ説明していますが

このとおりでなくても作れます

 

そんなに難しくはありませんので

ぜひ挑戦してみてくださいね~ ^^♪

-モール, 趣味
-, , ,

Copyright© mocoのお気に入り , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.